田口高広歯科【歯科医院/一般歯科/インプラント】

インプラント治療について

     

line

インプラント治療について

インプラントとは失った歯を復活させると安易に考えてしまいますが、実際には人工物で代用するものです。
今まで使ってきた自分の歯と同じように使いたいところですが、仕組みを理解して、正しく長く使用して いただきたきたいと考えます。

インプラントの仕組み

人工歯根

生体親和性のあるチタン金属性の人工歯根を使用します。
人工の根と自分の骨組織が結合して長く機能的に使用できます。

人工歯根

接合部分

金属を利用した人工歯を支える台を使用します。
これはねじタイプ。(右画像参照)
又は角度がついたものなど、前後のバランスを考えて選んで
いきます。

接合部分

セラミックを使った人工歯

セラミックは強度という特徴をもちながら、適度の力がかかる
と割れることで力をのがします。
万が一人工歯に強い力がかかっても人工歯根とそれを支える
歯肉や骨の損傷を防ぎます。

セラミックを使った人工歯

インプラントの手術では時間を短時間にすることで患者さんの負担、また手術部位の負担を治療を 早くさせます。手術時間の短縮に疑問を感じる方もいらっしゃるかも知れませんが、そのために CTにて審査・診断を行っています。何かあれば手術中でもCT画像を確認することができます。

トップに戻る

治療の流れ

診察

インプラントにはさまざまなタイプがあり、インプラント治療が患者さんに最適な選択肢か、またどのインプラントが最善が十分な診断・相談をします。 インプラントが患者さんに適した治療方法であるかを判断する上で医師の経験が重要な役割を果たします。

1.CT審査

あごのほ骨の量と質を記録するため、口の中の型を取りレントゲン・CT撮影を行います。 CT審査・診断は当院に設置しております。

2. インプラント埋入

局部麻酔をかけて、インプラント体を埋め込みます。

3.根付き

インプラント体を骨が結合するまで、期間をおきます。治癒期間は、インプラント体の種類、骨の健康状態、体調によって異なります。

4. カタチ合わせ/色合わせ

インプラント部分の精密な型取りを行い、患者さんの歯の形と色に合わせた人口歯を作ります。

5. 人口歯の装着

口腔内にぴったりと合うことを確認しインプラント体の上に取り付けます。

完成

天然歯と同様に、よくお手入れしてください。

毎食後、そして、就寝前に丁寧に歯磨きをしてください。

歯ブラシは柔らかいものを使用し、定期的に交換してください。

医師による定期的なメンテナンスを受けてください。

トップに戻る

インプラント治療リスクや副作用等

インプラント治療は保険適用外の治療です。

内科的な持病をお持ちの方や、服薬の状況等、インプラント治療に影響する場合があります。
治療前に必ず申告してください。

インプラント治療は外科手術が必要となります。
手術直後は出血・腫れ等の症状が発生する場合があります。大半は2・3日でおさまります。

インプラント治療は自分の歯を失った箇所に行う治療です。 しかし、失った箇所だけでなく口腔内全体の咬み合わせを考慮した治療が必要です。

インプラント治療の前処置として骨造成治療が必要になることがあります。その場合は別途骨造成の費用がかかります。また、骨造成処置後にインプラント治療を行う場合は治療期間が通常期間よりかかる場合があります。

インプラント埋入手術時に下顎神経に近い場合、神経の圧迫や近接手術による周辺神経の損傷による知覚障害や鈍麻を起こす場合があります。当院では経過観察や内服薬等で対応いたします。

インプラ埋入手術中に隣在歯や骨の状態により手術内容が適時変更になることもあります。

インプラント手術は手術箇所の骨の状況等など個人差があり、一概に対応年数だけすべて判断することはできません。

歯周病のある方、心疾患、骨粗鬆症等、内科的な疾患のある方は、インプラント治療に適さない場合もあります。

骨の成長途中にある方(未成年)はインプラント治療できません。また妊婦の方も服薬の指示がでるので、インプラント治療は控えてください。

免疫力や抵抗力が低下しやすく、歯周病の発生リスクが高いとされる糖尿病の方、口腔内の衛生状態の悪い方、あごの骨が不足している方、喫煙者の方は事前に生活習慣の改善や口腔内の基本治療が必要な場合があります。

インプラント治療は自分の歯を失った箇所に「人工の歯根」と「人工の歯」を被せます。
そのため、インプラント治療した箇所には自己免疫作用がありません。
他からの細菌の侵襲による周囲炎に感染した場合、進行してインプラントを除去する可能性があります。
異常が出る前の定期検診と毎日のメンテナンスを継続する必要があります。

インプラント治療は患者の体調及び、体質により根付かない場合があります。 当院では根付いて使用できるまで保証しております。

トップに戻る